MENU

ハイドロキノンの副作用とは?安全性について調べてみた

ハイドロキノンの副作用とは?安全性について調べてみた

 

シミをなくす為に病院で処方される薬の一つにハイドロキノンがあります。
ハイドロキノンはメラニン色素を作らせないようにするだけではなく、メラニン自体を減少させる作用があります。その為、肌の漂白剤とも呼ばれています。
2001年の薬事法の改正によって化粧品にも配合することが出来るようになりましたが、副作用がある為、含有量の多いものは医療機関でしか処方することが出来ません。それではその副作用についてまとめ、安全性について考えてみましょう。

 

まず、一番気を付けなければいけない副作用として、白班が挙げられます。
シミができていない皮膚に塗ってしまったり、長期間の使用、または濃度の濃いハイドロキノンを使用することによって肌の色が抜け、白班が出てしまうことがあります。
白班までは出なくても、炎症や赤みが出てしまうこともあります。

 

また、ハイドロキノンを塗ることによって反対にシミが濃くなってしまうこともあります。
これはハイドロキノンによってメラニンが抑制され、紫外線に対して無防備になってしまうことが原因です。
その為日中に出かける際には必ず日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守りましょう。

 

また、使用方法だけではなく、保存方法にも注意が必要です。
ハイドロキノンは非常に酸化しやすい性質の為、開封後は冷蔵庫などの冷暗所に入れ、一ヶ月程度で使い切る必要があります。
以上の様にハイドロキノンには様々な副作用があります。安全性を保つ為にも、必ず医者の管理のもと使用方法を守って使用しましょう。