MENU

アンプルールには合成界面活性剤は使われている?経皮毒についての成分解析。

アンプルールには合成界面活性剤は使われている?経皮毒についての成分解析。

 

シミの予防改善に効果があるということで、人気があるアンプルールですが、その成分は安全なのか?気になるとことですよね。

 

特に、肌にとって大敵となるのが合成界面活性剤です。
近年、経皮毒と言われ、皮膚からも化学物質が入り込み体内に蓄積をして毒となってしまうという注意が必要なものです。
アンプルールには、その合成界面活性剤が入っているのでしょうか。成分を解析してみました。

 

答えは、界面活性剤は使われています。
しかし、アンプルールに使われている界面活性剤は、「合成」と名の付く、安価なものではありません。
合成界面活性剤として有名なのは、ラウリル硫酸ナトリウムなどです。アンプルールにはこの類のものは使用されていません。
美白有効成分であるビタミンCを安定して肌に浸透させるために配合されている、安全性の高い成分です。
商品によって配合せれている界面活性剤は違いますが、効果を発揮するためには許容される成分であると思われます。

 

アンプルールの商品は、一般的にドラッグストアなどで売られている製品よりもお値段が高いのは、安全性の高い成分が配合されており、独自の成分を使用しているからということです。
なので、界面活性剤は使われていますが、経皮毒として心配するほど悪いものだとは思わなくて良さそうです。

 

美白効果のある化粧品は、やはり刺激を感じることが多いのは事実ですが、アンプルールを使用して特に問題が無ければ、使い続けても健康に影響があることは無さそうです。